プロフィール

★的中TOM(沢朋之)

編集者・デザイナーを経て2006年度に公営競技ライターとしてデビュー。2008年度からオートレース取材を開始。2011年度以降は年間全SG・GⅠのフルタイム取材および、浜松オートの中継放送にて解説予想を担当。予想のポリシーは『取材データに根ざした強気な穴狙い』。

★BOYシマ(島田正友)

川口オートレース場付近で生まれ育ち、幼少時からのオートファン。ミュージシャン・タレント業を経て、2009年にTOMと知り合い、的中BOYS結成。その後記者修行を開始し、現在は川口開催を中心にロッカー取材と予想を展開。予想のポリシーは『的中率と回収率、どちらも大事』。

ライターブログ | BLOG

3/17~21プレミアムカップ

的中BOYSのFUNABASHI ON TIME

2016/03/19 update

特別G1プレミアムカップ3日目レポート

CIMG3926_R

特別G1共同通信社杯プレミアムカップ3日目は昨夜から降る雨の影響で、完全なる湿走路の中で行われました。

本日は4R~11Rで準々決勝戦。

3日間の平均得点上位者32名が4日目の準決勝戦へ進出となるので、本当の勝負駆けが始まります!

============
4Rは、スタートで2番手に付けた荒尾聡が2周回1コーナーで早くも先頭へ立ち、そのまま1着ゴール! 岡部聡が2着。新井恵匠が3着。

 

SONY DSC

 

★荒尾聡選手(1着)
「朝練習に出てレース前までにキャブだけをやっていったが雨は良い状態。でもコースを外せば滑りますね。内のコースが利いている。エンジンは晴れでも良さそうなので明日の朝の気候を見て考える。タイヤは良さそうな物が2~3本あるので選ぶ。スタートも切れている」

やはりここぞのスタートは決めてくる荒尾聡選手。明日もスタート一発決めて優出濃厚!?

★岡部聡選手(2着)
「朝は良かったけれどレースでは走路がもっと濡れていたし、滑った。エンジン的にも重さがあったのでこれから考える。道中はコースを外に回されてしまった。タイヤもまた考えていく」

 

SONY DSC

 

★高橋義弘選手(6着)
「昨日からは何もやらないでいったけれどエンジンは重い感じだった。明日に向けては朝にまず乗ってみてから考える。タイヤは初日の物を確認してダメならもう一本当ててみる。晴れでペースが上がらないのは乗り手の問題」

============
5Rは、8枠からカマシスタートを決めた浦田信輔が最後まで後続を押さえきって気合いの1着ゴール! 森且行が2着。佐藤貴也が3着。

 

CIMG3928_R

 

★浦田信輔選手(1着)
「スタート張り込んで切って出ていけたし、道中はコースを外さない様に走りました。エンジンはいつもの雨セットでいった。明日は中途半端に乾いているとか変な走路は嫌なので12Rを選択するつもり。あとは天候を見ながらチョコチョコやる」

周りの選手に「ずるいな~(笑)」と言われていた浦田信輔選手。確かに雨まで乗りこなしてしまったら無敵ですものね(笑)。

★森且行選手(2着)
「内のコースしか利かないし、前を抜いていけなかった。スタートもクラッチワイヤー換えたけれど切れていない。明日に向けてエンジンはヘッド周りを調整。スタートはクラッチ板を新品にして修正していく」

★池田政和選手(8着)
「朝はそれなりに乗れたのでそのままいきました。スタートいけなかったのが苦しかったけれど、いったとしてもダメだったかな? エンジンは粗重さが気になるので明日の朝晴れてから調整していく。タイヤもこれから」

============
6Rは、スタート枠なりも徐々に捌いてきた田村治郎が最終周回で上手く佐藤裕二をマクリきって先頭へ抜け出し、そのまま1着! 佐藤裕二が2着。鈴木圭一郎が3着。

 

CIMG3929_R

 

★田村治郎選手(1着)
「今日の雨は上手く乗れました。地元の雨で良かった時の状態でいきました。道中、滑りはあまり感じなかったけれどスタートダメだったのでクラッチ板を換えていきます。最後のマクリは貢さんの真似をしてみました(笑)。明日が晴れなら初日の状態に戻して、タイヤを初日の物か今日の雨おろしで」

朝練習で高橋貢選手に見事マクリを決められたそうです(笑)。すぐさまレースに反映させてしまうなんて、さすがとしか言えませんね!

★佐藤裕二選手(2着)
「スタートいけたのは良かったけれど、最後マクられてしまったのは仕方ない…。晴れは昨日の夕方に良さそうなタイヤを見つけた。エンジンは乗りづらさもないので微調整。スタートもクラッチ関係考える」

★鈴木圭一郎選手(3着)
「序盤、周りが凄いガツガツくるので久しぶりにビビりました…。外にいくと滑ってしまうし、待っている状態でした。エンジンは止まりが段々甘くなってきているのでリングを交換していく。タイヤは川口G1で優勝した時の物を使っていく」

 

CIMG3930_R

 

★岩崎亮一選手(4着)
「エンジンは朝感じ悪かったので色々やっていきました。1周回で前の佐藤裕二選手を抜く時にタイミングが合わなかった。明日が晴れならリングを交換して、初日・2日目を参考にする。あとはタイヤ。スタートはタイミングも遅いし、切れていない」

★丹村飛竜選手(5着)
「スタート良かったけれど、6番にいかれて押さえられたらマズイと思っていたら本当にそうなってしまった(苦笑)。昨日からエンジンはヘッド周りをしていったら良い音になってきた。一応リングを交換する。タイヤは今日の雨おろしでいく」

★桝崎陽介選手(6着)
「スタートは見すぎてしまった。いつもの雨としては乗りづらかった。明日が晴れたらエンジン戻していく。手前もあるし、悪くないと思う。タイヤは今日の雨おろしを確認してみてダメなら2日目の物で」

============
7Rは、1枠からスタートしっかり残して出ていった重富大輔が追ってくる金子大輔を最後まで振りきって1着! 序盤から鋭い動きを見せた金子大輔が2着。青木治親が3着。

 

SONY DSC

 

★重富大輔選手(1着)
「スタートはタイミングから攻めていきました。ずっと後ろから音が聞こえていたので内のコースを外さない様に走った。エンジンは久門さんにアドバイスを貰ってセッティングしていったら、レースではグリップしてくれたけれど流れ込みが足りていないのでここからまたセッティングしていく」

「自分の父が船橋所属のオートレーサーだったので、なくなってしまうのはとても悲しいです」と話していた重富大輔選手。その気持ちを胸に明日も1着奪取狙っていく!

★金子大輔選手(2着)
「試走ではエンジン重かったけれどレースでは回転上がってきてくれた。走路は一本道で外に振ってしまうと滑ってしまった。晴れは色々やりすぎて分からなくなってしまったのでカムを戻してセッティングを合わせ直す。2日目は重くて流れ込みがなかった」

★早川清太郎選手(6着)
「昨日からヘッド周りやっていったら多少は良くなっていると思うけれど乗り手が雨に対応出来ていない…。明日に向けてはエンジンに重さと粗さがあるのでシリンダーまではぐってリング交換。シリンダーとピストンを交換する準備もしていく」

============
8Rは、雨でも安定のスタートを切ってきた高橋貢が2周回3コーナーで前を走る岩田行雄をかわして先頭へ立ち、そのまま後続を引き離して1着! 岩田行雄が2着。西村龍太郎に内を覗かれるも凌いだ木村武之が3着。

 

SONY DSC

 

★高橋貢選手(1着)
「朝はセットを試してみたら結構良かったけれど、レースでは良くなかったのが気になる。VTRを見ていたら煙を噴いていたのでリングを交換。タイヤもまた探していく。晴れだと跳ねがあるのでフォーク周りも点検。エンジンはトルクを求めて調整」

★岩田行雄選手(2着)
「レースはやるだけやって準決勝戦に進めなかったら仕方ない。エンジンは昨日に比べて良くなってきたけれど、まだスムーズさが足りていない」

「明日(準決勝)進めなくてもこれから大きくセッティングを扱ってみる」と岩田行雄選手から男らしい言葉をいただきました! まだまだ負けていられないと言わんばかりに気合い十分です!

 

SONY DSC

 

★木村武之選手(3着)
「エンジンは昨日のまま。試走でもレースでも張ってしまって3着をキープするのが一杯一杯だった。晴れはエンジン悪くないと思うのでタイヤとの兼ね合いを見ながらセッティングをしていく。スタートは切れている」

============
9Rは、一度目のスタートで3枠の別府敬剛がフライングとなってしまい再発走。
二度目のスタートは正常発進となりレースは、しっかり包まれる事なくスタート出ていった佐藤摩弥が猛追してくる永井大介を振りきって1着ゴール! 永井大介が2着。岩科鮮太が3着。

 

SONY DSC

 

★佐藤摩弥選手(1着)
「スタートで岩科鮮太選手より伸びていけたし、エンジンは悪くなかったのでスタートさえいければ大丈夫と自信を持っていきました。道中はコースを外さない様に集中して走りました。晴れでもエンジンは安定していると思うので微調整。スタートも切れています」

★永井大介選手(2着)
「先は自分のほうが出ていたけれど手前は(佐藤)摩弥のほうが強かったのでいけなかった。立ち上がりが食いついてくれなかった。エンジンはリングを交換して晴れのほうが良い感じ。朝に乗ってみて2日目をベースにセッティングしていく」

「枠は出来ればセンターがいいなぁ…」と早くも準決勝戦モードに突入した永井大介選手。しっかり立て直して準決勝1着通過を狙う!

★西原智昭選手(7着)
「朝からグリップ重くて滑ってしまったのでバネをやっていったが全然ダメ。スタートも切れなかった。もっと流れ込みが欲しいのでリングを交換する。そこからセッティングで再度合わせていく」

============
10Rは、一度目のスタートで1枠の筒井健太がフライングとなり、再発走。
二度目のスタートは正常発進でレースは、ドーンと外枠からカマシてきた青山周平がそのまま6周回押しきって快勝! 2番手に付けていた東小野がそのまま続いてゴール。早船歩が3着。

 

SONY DSC

 

★青山周平選手(1着)
「昨日から色々やったけれど結局はエンジン昨日のまま。雨だとスタート切れるんですよね…。フォーク周りをやって跳ねは軽減されたけれどエンジンに重さが出てしまった。明日に向けてはヘッド周りの調整。朝に乗ってみて跳ねがないかチェックする。タイヤは考える」

★東小野正道選手(2着)

「自分のスタート悪くなかったけれど中へこみして余計にカマされてしまった。エンジンは外に振って抜きにいけば滑ってしまうし、試走から良くなかった。晴れに関しては昨日の夕方練習が悪くなかったのでそこをベースに調整。タイヤは今日の雨おろしで」
============
11Rは、5枠から気合い一発飛び出していった平田雅崇が根性走りを見せるも、8枠から出て3番手に付けた中村雅人が後ろから虎視眈々と狙い、5周回3コーナーで平田をかわして先頭へ立ち、そのまま1着! 平田雅崇が2着。五十嵐一夫が3着の結果となりました。

 

SONY DSC

 

★中村雅人選手(1着)
「序盤は平田雅崇選手に詰まるところもあったので離されない様に走りました。入れるところを探しながらレースしてた。エンジンは全体的に欲しいけれど良いところを探せていないですね。少しでも上積みを狙って調整していきます」

「一生懸命走るだけです!」と力強く話してくれた中村雅人選手。名レース製造人としての使命を背負って優出を狙います!

★平田雅崇選手(2着)
「スタートはタイミングそこまで良くなかったけれど下りていけた。今日の雨の感じエンジン悪くなさそうなので明日の朝はこのまま乗って確認。晴れタイヤはあるので大丈夫」

★篠原睦選手(4着)
「スタートいく事が出来たので道中では色気を出してしまった…。最近の雨の中では上手く乗れたほうですね。晴れはもっと上がりタイムを出していきたいのでキャブと電気位置を調整。これで手前から直線が出てくれれば。タイヤは作っていく」

★若井友和選手(6着)
「エンジンは朝良かったのにレースでは重くて突っ込みづらかった。晴れではもっと時計欲しいので調整。初日・2日目の動き出していきたい」

以上、3日目最終予選終了しました!

そして夕方練習終了後、3日間平均得点上位者(計32名)によるレース番号・枠番選択が行われました。

※名前左番号は枠、右番号は選択順。

9R

 

CIMG3936_R

 

①佐藤摩弥 11
②桝崎陽介 16
③荒尾聡 4
④東小野正道 5
⑤若井友和 14
⑥池田政和 17
⑦高橋義弘 18
⑧早川清太郎15

10R

 

CIMG3935_R

 

①青山周平 1
②篠原睦 9
③高橋貢 10
④岡部聡 8
⑤伊藤信夫23
⑥山田達也25
⑦西原智昭26
⑧青木治親30

11R

 

CIMG3934_R

 

①佐藤裕二 22
②浦田信輔 12
③鈴木圭一郎6
④永井大介 7
⑤平田雅崇 24
⑥丹村飛竜 27
⑦久門徹 32
⑧浜野淳 31

12R

 

CIMG3933_R

 

①木村武之 3
②岩崎亮一13
③中村雅人 2
④森且行 10
⑤田村治郎19
⑥金子大輔21
⑦岩田行雄29
⑧重富大輔28
と、この様な具合で埋まっていきました。

1番に選択権があった青山周平選手はかなり迷ったすえに10R1枠を選択。その後はポンポンと待たずに決まっていった感じでした。

さぁ!明日は運命の準決勝戦! 一体誰が勝ち進んでいくのでしょうか!? 朝コメントチェックですっ!

【的中ボーイズ】