プロフィール

★的中TOM(沢朋之)

編集者・デザイナーを経て2006年度に公営競技ライターとしてデビュー。2008年度からオートレース取材を開始。2011年度以降は年間全SG・GⅠのフルタイム取材および、浜松オートの中継放送にて解説予想を担当。予想のポリシーは『取材データに根ざした強気な穴狙い』。

★BOYシマ(島田正友)

川口オートレース場付近で生まれ育ち、幼少時からのオートファン。ミュージシャン・タレント業を経て、2009年にTOMと知り合い、的中BOYS結成。その後記者修行を開始し、現在は川口開催を中心にロッカー取材と予想を展開。予想のポリシーは『的中率と回収率、どちらも大事』。

ライターブログ | BLOG

3/17~21プレミアムカップ

的中BOYSのFUNABASHI ON TIME

2016/03/18 update

特別G1プレミアムカップ2日目レポート

CIMG3922_R

特別G1共同通信社杯プレミアムカップ2日目は昨日に引き続き暖かく、冬服のままだと汗ばむ陽気で迎えました!

勝ち上がりは1R~12Rでオール予選。

2日目の平均得点上位者64名が3日目の最終予選に進出となっており、昨日結果を残せなかった選手は早くも勝負駆けとなります!

============
オープニング1Rは、1周回3コーナーで先頭へと抜け出した東小野正道が、筒井健太との競り合いを制して1着ゴール! 機力の良さを窺えた筒井健太が2着。森且行が3着となり、3連単で15万車券が飛び出しました!

 

CIMG3899_R

 

★東小野正道選手(1着)
「船橋に来てからフレームを全部交換したらドドドがなくなって乗りやすくなった。でも腰周りがまだ合っていないと思うので調整。エンジンは今日トルク感を出てくれたけれど、明日は初日と今日との中間を目指していく」

★筒井健太選手(2着)
「昨日はスタートが手旗だったので全然切れなった。エンジンはキャブと電気位置を調整したら乗りやすさが出たけれど、車を内に向けると流れてしまうので明日が晴れならキャブ調整」

東小野選手を捌き返せるくらい機力上向いてきた筒井健太選手。明日もスタート一発あるかもですね!

★森且行選手(3着)
「今日のタイヤはドドドがなくて良かった。エンジンはヘッド周りを大きくやっていったが手前が掛からないし、先に持っていき過ぎた感じある。また時間帯を見てセッティング。スタートは練習も本番も切れていないのでクラッチワイヤーから点検交換」
============
2Rは、一度目のスタートで4枠の平塚雅樹がフライングとなり再発走となる。
二度目のスタートは正常発進でレースは、8枠からドッカンスタート決めて出ていった荒尾聡が後続を引き離して快勝! イン捌き鋭く上がってきた若井友和は2着。青木治親が3着。

 

CIMG3904_R

 

★荒尾聡選手(1着)
「エンジンに粗さが出てきているのが気になるのでリング点検をしてから何をやるか考えていく。後半滑り出す症状もあったのでタイヤもこれから考えていく。スタートは一回目も切れていたし、安定している」

見事ドッカンスタート決めてきた荒尾聡選手。青山周平選手が荒尾選手のロッカーへ来て「凄いです!参りました!」と一声。

 

CIMG3902_R

 

★若井友和選手(2着)
「昨日からエンジンそのままでいったが、気候的に暖かくなってしまったので試走から滑ってしまった。レースでも同じコース走ったけれど気持ち良く乗れなかった。明日に向けてはエンジンこのままで、タイヤだけ替えていく」

★青木治親選手(3着)
「川口と比べて良かったし、試走より本走のが動いてくれて若井さんより強めだった。これから先伸びと手前を保ちながら調整していく。タイヤは低いので替える。スタートは大丈夫」

「明日は雨ですよね?」とニヤリしていたのは青木治親選手。「どのコースが利くか分からないけれど自分はインコースしか回れません!」との事です。
============
3Rは、スタート飛び出していった岩見貴史を1周回3コーナーで捌いた伊藤信夫が追ってくる岩崎亮一を押さえて1着奪取! 岩崎亮一が2着。後半追い上げてきた山田達也が3着。

 

SONY DSC

 

★伊藤信夫選手(1着)
「とりあえず1着獲れて良かった。昨日ピストンを交換したけれど走路温度が高かったせいかエンジンの回転上がりが遅かった。もっと大きなところを回りたかったし、乗りづらさも合ったのでセッティングで。晴れなら良さそうなタイヤある」

★岩崎亮一選手(2着)
「昨日からエンジンはキャブだけを調整していったらドドドが直った。前を走る(伊藤)信夫選手より自分のほうが中間から先が強かったけれどタイヤがダメで仕掛けられなかった。明日は雨なのでエンジンは基本このままで」

★岩見貴史選手(4着)
「スタートは切れたけれど手前が弱い。立ち上がりが決まらないのでこれからセッティングを扱っていく。タイヤは別の物。スタートは申し分ない」
============
4Rは、スタートはほぼ枠なりも道中で凄まじい突破力を見せた篠原睦が昨日に引き続き1着! ゴール線前で谷津圭治に差しを決めた内山高秀が2着。谷津圭治が3着。

 

CIMG3908_R

 

★篠原睦選手(1着)
「エンジンは川口から何もやっていないけれど、余裕もなくて行き足も出ていない。一杯一杯なので少しセッティングを明日は変えていく。明日が雨なら何かやるけれど、どうなるか…。今日はドドド出なかった」

「最近雨は分からないけれどなる様にしかならないでしょう!」と貫禄たっぷりにドンと構えていた篠原睦選手。近況絶好調なだけに注目が集まります!

★谷津圭治選手(2着)
「昨日からヘッド周りとキャブをやっていったけれど状態的にはイマイチ。全体的に足りていないので再度ヘッド周りとキャブと電気位置をやっていく。今日はスタートいけたけれどたまたま。雨はいってみないと分からないですね」

 

CIMG3909_R

 

★平田雅崇選手(4着)
「良い展開だったけれど立ち上がりで掛からないし、伸びてくれなかった。中間から伸びを出していきたいので明日が晴れならセッティングで。雨ならこのほうが良いのかも。足周りは色々やってドドドはないけれど明日が晴れならタイヤは替える。スタートは自分のタイミングで切れていないので練習で確認」
============
5Rは、スタートから好位置に付けた木村武之が6周回をフルに使って前を走る丹村飛竜をかわして1着奪取! 丹村飛竜が2着。スタートから出ていった早船歩は粘って3着。

 

CIMG3910_R

 

★木村武之選手(1着)
「エンジンは昨日から少しやったけれど、試走の時から接地感がなかった。道中は外に振ると流れてしまうので大きく走る事が出来なかった。エンジンのベースは悪くないと思うのでタイヤ含めて調整していく。パーツ交換は考えていない。船橋の雨で良い時は試走タイムに反映します」

★早船歩選手(3着)
「前検日に下周りをやってセッティングをしていったら、やっとエンジンの回転が上がってきた。先から流れ込みをもっと出していきたいのでセッティングを扱っていく。もっと突っ込みからスムーズに回りたい。スタートの出も良くなってきた」

★田中茂選手(4着)
「立ち上がりでドドドが出てしまうし、エンジンに軽さがある。後半タイヤから滑りが出てしまって掛からなかった。雨ならこのままのほうが良いかもしれないが、まずはリングを交換していく」
============
6Rは、8枠から目の覚める様なスタートで出ていった鈴木圭一郎がそのままペースを落とす事なく最後まで走りきって1着ゴール! 久門徹が2着。人見剛志が3着。

 

CIMG3911_R

 

★鈴木圭一郎選手(1着)
「試走から滑っていたのでスタートいかなければと思っていた。走路温度も上がっているせいもあってレースでも滑ってました。エンジン的には突っ込みにくいし、捌いていける感じではないのでもう少し微調整。雨は久しぶりなので分からないけれど、良かった時のリングに交換する予定」

★久門徹選手(2着)
「前検日の車の状態は地獄だったけれど、ヘッド周りを調整したら手前と伸びが出た。あとは流れ込みを出していきたいのでキャブか電気位置を調整していく。今日のタイヤは良くて試走でも滑らなかった」

 

CIMG3913_R

 

★広瀬勝光選手(4着)
「エンジンは良いけれど足周りからドドドが出てしまっていてカーブが曲がりにくかった。タイヤは大丈夫だと思うのでフレーム周りから調整していく。雨は最近乗れていないので練習。スタートは…あんな感じですね」
============
7Rは、8枠から佐藤貴也が飛び出していくも道中で追い上げてきた池田政和が3周回1コーナーで先頭へ立ち、そのまま1着! 佐藤貴也が2着。佐藤裕二が3着。

 

CIMG3914_R

 

★池田政和選手(1着)
「昨日からクランクを以前使っていた物に交換したら、手前から伸びていってくれた。前に閉められても捌いていけたしね。セッティングも結構変えていったのが良かったのかも。欲を言えば全体的に欲しいので、再度セッティングしていく」

★佐藤裕二選手(3着)
「昨日からキャブをやっていったけれど、今日はタイヤに不安があって思いきり乗れていないのでエンジン状態は分からなかった。明日は天候に関わらずタイヤ探しから進めていく。スタートは練習で速かったのでレースでは見すぎてしまった」
============
8Rは、一度目のスタートで4枠の渋沢憲司がフライングとなり再発走となる。
二度目のスタートは正常発進でレースは、重富大輔が飛び出していくも直後に付けた青山周平が1周回3コーナーで先頭へ立ち、見事勝利!テクニック光った岡部聡が2着。重富大輔が3着。

 

CIMG3916_R

 

★青山周平選手(1着)
「シリンダーとピストンを前の物に戻してヘッド周りを調整したら昨日よりは重さ直ったけれどまだ足りていない。今日のスタートは少し浮いてしまったけれど上手く出ていけた。雨は乗り手の問題ですね」

 

CIMG3915_R

 

★遠藤誠選手(4着)
「タイヤもエンジンもそのままでいったのに乗りづらくて開かなくて苦しい。原因は分からないけれどちょっとした整備で直るはずなので探る。タイヤからは滑りはありませんでした。船橋の雨は記憶にないのでどうだろう…」

★栗原俊介選手(5着)
「スタートは悪くないけれど周りが速すぎ…。気候が急に冷えたからエンジンパワーダウンしてしまい直線で置いていかれる。天候次第では何かやらないと。雨ならG2さざんかカップで良かったセットにしていく。雨のスタートは空回りに不安ある」
============
9Rは、昨日と同じく1周回3コーナーで先頭へと抜け出した西原智昭がそのまま押しきって1着! 試走劣勢も粘りを見せた笠木美孝が2着。吉原恭佑が3着となり、ここでは27万車券の爆裂配当が飛び出しました!

 

SONY DSC

 

★西原智昭選手(1着)
「今日のスタートはタイミングから遅れてしまった。エンジンとタイヤは昨日のままでいったのでレースも変わらずだった。これからヘッド周りとキャブを調整して上積みを狙っていく。今日のタイヤは抜群に食い付きました。明日が雨ならG2さざんかカップでも優出出来たので自信を持っていきたい」

★笠木美孝選手(2着)
「今日はスタートだけ。エンジンはセッティングやったけれど、力がない感じなのでリング交換するかもしれない」

★加賀谷建明選手(6着)
「タイヤは前回の優勝戦で使った物だったけれどあまり良くなくて流れてしまった。エンジンはキャブだけやったけれど止まらなかった。明日が雨ならタイヤを用意するだけ。晴れだったら初日のタイヤを使っていく。スタートはフライングをしてから9走目を過ぎたので今日は余裕を持っていった」
============
10Rは、桝崎陽介のスタートに乗って出ていった永井大介が1周回3コーナーで桝崎をかわして先頭へ立ち、そのまま見事1着! 捌かれても永井に食らい付いていった桝崎陽介が2着。瀧下隼平が3着。

 

CIMG3919_R

 

★永井大介選手(1着)
「昨日からキャブと電気位置とヘッド周りをやっていったけれど、朝に良かったタイヤが全然ダメで大きく走る事が出来なかった。コースを守って走っていた感じですね。クラッチも滑り気味だったのでクラッチの部品を戻していく。少し足周りからコツコツくるのでフォーク周りの調整を。タイヤも当たり付けていく」

 

CIMG3920_R

 

★桝崎陽介選手(2着)
「手前は出てくれたけれど流れ込みが足りていない。朝からスタート切れていたけれど、レースは少し攻めすぎた感はある。最近は良さそうな雨セットがあるので明日の朝に試してみる。タイヤは2本くらい作っていく」

 

CIMG3921_R

 

★瀧下隼平選手(3着)
「やっぱりスタートですね…。エンジンは昨日のままいったけれど流れ込みがあって良いと思う。明日が雨でもエンジンはこのままで。あとはタイヤ探しだけですね。スタートはタイミングばかり気にしていて繋ぎが上手くいかなかった」
============
11Rは、6枠から飛び出していった高橋義弘が後ろから追いかけてくる高橋貢を最後まで振りきって1着ゴール! 高橋貢が2着。スタートしっかり残した五十嵐一夫が3着。

 

SONY DSC

 

★高橋義弘選手(1着)
「走っていてペースが上がらないのは自分でも気が付いていました。エンジンは昨日からリング交換をしていったけれど、気候も手伝って良い感じだった。タイヤも良かったと思う。雨はあまり乗れないけれど明日の朝に乗ってから考える」

★高橋貢選手(2着)
「今日は初乗りのタイヤでいったら試走からドドドと滑りが出てしまいました。昨日の様な金縛る感覚はなくなったけれどエンジン自体はたいした事なかった。まずは足周りをやってからエンジンは考える」

★浜野淳選手(7着)
「昨日からクラッチのセットを大きく変えていったら今日が一番酷かった…。エンジンはトルク求めてセッティングしていったらタイヤに負担が掛かってしまった。またクラッチを調整して、エンジンは合わせ直しですね」
============
最終12Rは、しっかりカマシスタート決めてきた中村雅人が3周回1コーナーでレースを引っ張る佐藤摩弥を捌いて先頭へ立ち、そのまま1着ゴール! 確実に捌いてきた早川清太郎が2着。佐藤摩弥が3着の結果となりました。

 

CIMG3924_R

 

★中村雅人選手(1着)
「昨日からバネ・キャブ・フォーク周り・タイヤをやっていったけれど、まだ跳ねて乗りづらさがある。跳ねた状態で試走3.29出ているからエンジン的には良いかもしれない。それでも軽さがあって足りていない感じなのでバネ周りをやってセッティングしていく。タイヤ替えてドドド直ってくれれば…。最近の船橋湿走路はインが利くので乗れなくなってきた。朝に乗って確認」

 

CIMG3923_R

 

★早川清太郎選手(2着)
「昨日からヘッドとキャブを調整。止まりは良くなったけれど曇ったせいか粗くて重く、止まりすぎてしまった。気候に左右された部分が大きい。雨セットなどは特にないので明日はこの延長で。スタートは持っていきが良い」

 

CIMG3925_R

 

★佐藤摩弥選手(3着)
「スタート出てから懐を取っていけたし、道中はエンジンも良かったと思います。明日が晴れならエンジンは微調整して、雨ならセットを変えていく。ドドドは99パーセント大丈夫なのでレースでは問題ありません」

以上、予選2日目のコメントでした!

明日は1R~3R・12Rで一般戦。

4R~11Rで最終予選が行われます。

一体どの選手が準決勝へ駆け抜けていくのでしょうか?!

明日も朝の取れたてコメントをゲットしてくるのでHPは要チェックです!

【的中ボーイズ】