プロフィール

★的中TOM(沢朋之)

編集者・デザイナーを経て2006年度に公営競技ライターとしてデビュー。2008年度からオートレース取材を開始。2011年度以降は年間全SG・GⅠのフルタイム取材および、浜松オートの中継放送にて解説予想を担当。予想のポリシーは『取材データに根ざした強気な穴狙い』。

★BOYシマ(島田正友)

川口オートレース場付近で生まれ育ち、幼少時からのオートファン。ミュージシャン・タレント業を経て、2009年にTOMと知り合い、的中BOYS結成。その後記者修行を開始し、現在は川口開催を中心にロッカー取材と予想を展開。予想のポリシーは『的中率と回収率、どちらも大事』。

ライターブログ | BLOG

3/17~21プレミアムカップ

的中BOYSのFUNABASHI ON TIME

2016/03/16 update

特別G1プレミアムカップ前検日レポート

CIMG3847_R

 

それぞれの思いを胸に、遂に迎えた特別G1共同通信社杯プレミアムカップ前検日。

ロッカーでは地元船橋選手達だけではなく、全国から集まった選手達も鋭い顔つきで、整備&練習に集中する。

今回の勝ち上がりは初日1R~11Rまでが予選。12Rではプレミアムドリーム戦が行われます。

2日目は1R~12Rまでオール予選。

3日目は1R~3R・12Rが一般戦。4R~11Rは2日間平均得点上位64名で行われる最終予選。

4日目準決勝戦には3日間平均得点上位32名が進出。

ここで注目したいのが「3日間平均得点上位者よりレース番と枠番選択が出来る!」という点です!

極端な話、相手選手を見てそのレース番号に入ったり、冷えたほうがエンジン良さそうだから12Rに入ったりとワガママが通ってしまう可能性があるのです(笑)。

でもまずは予選を突破しないと話にならないという事で、本日も選手達のコメントをお届けです!

 

CIMG3856_R

 

■中村雅人選手
「G2後にエンジンは抽出してから特に何もしていない。前回からドドドが出始めているので、タイヤを替えたり足周りを調整していく。それでも軽減出来なかったらどうしようかな…。ちょっとマズイですよね。エンジンはセッティングくらいですね」

「0オープンですよね? 10Mオープンよりは良いとポジティブに考えていきます(笑)」と話していた中村雅人選手。船橋はカマシやすいとも言っていたのでどの位置にでも十分狙ってよし!?

 

CIMG3849_R

 

■永井大介選手
「前回の優勝戦は調整をやり過ぎてしまったのか、先は出てくれたけれど手前がなくなって立ち上がりで滑ってしまった。まずは戻すところから始めていく。タイヤも失敗してしまったので探していく。これからの練習で確認ですね」

「たくさん思うところはあるけれど、5日間一生懸命走りたいと思います」と鋭い眼差しで話してくれた永井大介選手。入念に練習も行い、気合い十分です!

 

CIMG3850_R

 

■青山周平選手
「エンジンは下周りをやって上積みあったけれど、前回の最終日はタイヤが低くて試走から滑ってしまっていた。エンジンは今回ヘッドを交換したので練習で確認しながらセッティングを扱っていく。タイヤも考える」

 

CIMG3864_R

 

■鈴木圭一郎選手
「前回に下周りをやってロッドを交換したらエンジン的に上向いてくれました。一人で走っている分には良いと思います。エンジンはとりあえずこのままで、スタート切れる様にクラッチ板を換えていきます。タイヤは特に問題ありません」

前回の上がりタイム3.350を叩き出した鈴木圭一郎選手。川口G1・浜松開催と連続優勝を決めて、勢いは120パーセントで全開ですね!

■池田政和選手
「前回は全体的に良くなかったのでクランクを交換したけれど、最終日も全然動いてくれなかった。ここからまたセッティングをやってみてダメなら再度クランクを交換していくかも。タイヤは考える」

 

CIMG3855_R

 

■平塚雅樹選手
「前回までエンジンの動き良くなかったので今回はクランクを新品に交換しました。ここからどの様な動きになるのか乗りながら確認していきます。タイヤも探していきます。スタートに関しては近況切れてきました」

 

CIMG3860_R

 

■谷津圭治選手
「エンジンはあまり良くないので何か調整していかないとですね。まずはセッティングを扱っていってみます。タイヤは乗りながら確認。スタートもそこまで切れていません」

 

CIMG3863_R

 

■押田和也選手
「前回は久しぶりにエンジン良い状態でした。セッティングが合ってくれたのと、ドドドが収まってきたのが大きかったと思います。今日の練習ではまた少しドドドを感じたのでタイヤも含めて考えていきます。スタートはエンジンが良いので持っていってくれる」
続いて川口勢。

 

CIMG3862_R

 

■若井友和選手
「地元川口でセッティングを扱ったらエンジンはかなり良くなってきていると思う。今回も地元の延長でセッティングさえ合ってくれれば大丈夫だと思う。スタートは少し前にフライングをしているので確認しながら」

あと3走でフライングが消える若井友和選手。それまでなんとか乗りきれるのでしょうか!?

 

CIMG3851_R

 

■平田雅崇選手
「前回はエンジン状態もあまり良くなかったし、足周りも安定していなくて跳ねがでやすい状況でした。でも足周りを調整してエンジンも色々やったら良い方向へ来ている感じなのでここからセッティングで合わせる。タイヤは乗りながら確認。スタートはタイミングから確認」

 

CIMG3870_R

 

■高橋義弘選手
「前回のエンジン状態は悪くなかったけれど、最終日はタイヤが跳ねてしまって上手く走れなかった。今回は定期でリングを交換していく。タイヤは跳ねない物があるので大丈夫。スタートは切れていた時のセットにしていく」

■鈴木清選手
「前回のエンジンはまぁまぁ良かったけれど、気候的に暖かくなってしまうと合っていなくて手前にパンチがない。これからヘッド周りを調整して練習にいく。タイヤはあるので大丈夫」

いつもは「タイヤからドドドが…」と話している鈴木清選手ですが、今回は良さそうなタイヤが見つかったのかもしれません! あとはレースでどうなるか…ですね。

 

CIMG3865_R

 

■益春菜選手
「前回に乗り換えたのですが、全然動いてくれなかったので今回は乗り戻りました(苦笑)。まずはエンジンから調整して、そこからタイヤを探していきます。スタートはフライングを持っていたので攻められませんでしたが、もうなくなったのでタイミングから確認していきます」

■佐藤摩弥選手
「エンジンは前回の川口から良いと思うので、ここ船橋でも動いてくれれば微調整程度ですね。オープン戦でインコースに置かれたらいかないとダメだと思うので、練習でしっかりタイミングを掴んでいきたいですね」
続いて伊勢崎勢。

 

CIMG3852_R

 

■松本やすし選手
「エンジンは近況全体的に足りていなかったのでクランクを交換しました。新品ではなく中古ですけどね。ここからは乗りながらの調整になると思います。タイヤはそこまで不安はないけれど当てながら探していきます。スタートは特別切れていないが、エンジン次第だと思う」

■浅香潤選手
「前回のエンジン状態はまぁまぁだったので今回もセッティングを調整していく。スタートは切れる切れないではなく自信がまったくないですね…。そう簡単に直る様なものではない気がします。少しずつですがやっていきます」
続いて浜松勢。

■金子大輔選手
「川口のG1優勝戦は全体的に足りていませんでした。今回はシリンダーを交換してセッティングを扱っていきます。それでも良くなければ別のパーツも視野に入れて考えていく。スタートは練習だと切れるが本番だと切れないので、そのあたりを修正していく」

 

CIMG3867_R

 

■木村武之選手
「前回は準決勝戦後のセッティングでかなりエンジンは良くなったと思うけれど、圭一郎が速すぎましたね。まずはこの状態でレースにいってみるけれど、悪ければもう一つあるヘッドに交換するかも」

■遠藤誠選手
「前回から車も出始めてきて、3.40を切るくらいで走れる様になった。でも最終日はタイヤを失敗してしまって上手く走れなかった。明日に向けてエンジンはキャブとヘッド周りを調整していく。タイヤは前回の準決勝戦で使った物があるので大丈夫」

■渡辺篤選手
「地元でパーツ交換をしたら止まりも良くなったので明日に向けてはエンジンこのままでいく。クラッチワイヤーに異常があったので交換。スタートに違和感が出ていないか練習で確認。前回に腰周りも合ってきてからスタートも良くなってきている」
続いて飯塚勢。

 

CIMG3871_R

 

■浦田信輔選手
「前回の最終日は自信を持っていったタイヤだったけれど、低かったせいか滑ってしまいました。エンジンでは周りに負けていないと思うので、前回の延長調整。タイヤは評判の良さそうな物を使っていく」

「え!? 10Mオープンじゃなくて0Mオープン!? ヨッシャー!」と喜んでいた浦田信輔選手。今回もギラギラと鋭い捌きで他車をなぎ倒していく予感!

 

CIMG3857_R

 

■篠原睦選手
「川口と相性良いってイメージはないけれど、なんか今年は良いですね(笑)。たまたま合ってくれただけだと思いますよ。明日に向けてエンジンはセッティングを扱って、タイヤ選びをしっかりしていきます」

「船橋は悪いイメージがないし、スタートもどの位置からでも切っていけると思う」とも話していた篠原睦選手。近況の調子でいったら明日は迷わずアタマから勝負!?

 

 

CIMG3858_R

 

■久門徹選手
「エンジンは悪くないけれど、これといって良いわけではないですね。セッティングを扱ってもこれ以上良くならないと思ったので今回は新品クランクを投入しました。また0からだと思って合わせていきます。タイヤは前回当てた物があるので大丈夫。スタートは並」

■桝崎陽介選手
「前回は2日目以降にドドドと滑りがあった。これからフォークのバネを調整してダメならベアリングの調整もする。エンジンは安定しているので掛けながら調整。ドドド対策をメインに進めていく」

 

CIMG3859_R

 

■重富大輔選手
「前回も含めて近況のエンジン状態は良くないので今回クランクとロッドを交換しました。ここからは乗りながら調整していく。タイヤはこれから。スタートはフライングを持っているので厳しいかもしれないですね」

 

CIMG3854_R

 

■中尾貴志選手
「前回は色々と腰周りを扱っていったら乗りやすくなったし、上手く立ち回れる様になった。明日に向けてはセッティングを扱っていく。タイヤは一本あるけれど、他の物も準備していく。オープン戦はスタート勝負だと思うので、練習しながらしっかりタイミング掴んでいきたい」
ラストは山陽勢。

 

CIMG3861_R

 

■岩崎亮一選手
「前回の2日目くらいまでは良かったが、原因は分からないけれど急に進まなくなってしまった…。今のクランクにしてまだ2節目なので、まだ合わせきれていないのだと思います。一回乗ってみてからですね。タイヤは探していきます。前回の最終日はオープン戦だったのにスタート全然切れなかった」

 

CIMG3868_R

 

■前田淳選手
「前回もコーナーの曲がりづらさが直らないので、バネと電気位置を大幅にやって練習で確認してみます。タイヤは前回のままでいきます」

「船橋がなくなってしまうのは本当に寂しい…」と話していた前田淳選手。前田選手! スタート速攻アツいレースを見せて場内を沸かせて下さいっ!

 

CIMG3869_R

 

■岡部聡選手
「エンジンは前回もあまり良くなかったし、今ひとつ足りていない感じ。これから掛けてみて様子を見てみる。タイヤはある中から。スタートはクラッチ板を換えて確認。船橋は悪いイメージないですよ!」

「船橋の思い出? …企画開催の19期2級車戦で優勝した事かな? 色々ありすぎたから鮮明に覚えているのはそのくらいかも(笑)!」と笑いまじりに話してくれた岡部聡選手。今回も味のある走りで観客を魅了してくれる事でしょう!

■松尾啓史選手
「川口の前半は試走タイム出たけれど、後半はドドドと滑りが出てしまって全然ダメだった。エンジンは試走タイムも結構出たので微調整程度。タイヤとフォーク周りの組み合わせを考えていく。スタートは自分なりには切れているけれど皆が速いですよね…」

 

CIMG3866_R

 

■西村龍太郎選手
「エンジンは悪くないと思うので、今回は今のところセッティングで追っていくつもり。今回はスタートが一番重要だと思うので、クラッチ板を新品にして確認していく。タイヤは良い物から使っていく」

 

CIMG3853_R

 

■角南一如選手
「エンジンは安定して悪くないと思うけれど、成績が伴っていないのが気になりますね…。特に滑りがあるわけではないのですが…何ででしょう。まずはパーツ交換を考えないでセッティング。タイヤは良さそうな物があるので大丈夫。スタートは浮いたりとミスが目立つので練習していく」

■藤岡一樹選手
「今回はオープン戦だし、自分にとっては条件は最高だけれども、スタート浮かせやすいのでクラッチ関係を扱って調整していく。エンジンは落車してから合わなかったけれど、前回やっと合ってきた感じ。今回はとにかくスタートに集中していく」

以上、前検日のロッカーレポートでした!

天気予報では初日・2日目は晴れ時々曇りと出ていますが、3日目が曇り時々雨。最終予選ではどのようなドラマが待っているのでしょうか?

今回の勝ち上がりは冒頭でも説明した通りに、得点上位者が優遇されたかたちとなっている為、初日から全力のバトルが繰り広げられそうですね。

そして言葉にしたくありませんが、このプレミアムカップが船橋オートレース最後の開催。。。

寂しい、悲しい、悔しい…様々な気持ちが胸の中で暴れまわりますが、ここは大いに盛り上げて最高に楽しもうじゃありませんか!

みんなで最高の船橋オートレース場を世界で一番アツくしてやろうじゃありませんか!

【的中ボーイズ】