プロフィール

★的中TOM(沢朋之)

編集者・デザイナーを経て2006年度に公営競技ライターとしてデビュー。2008年度からオートレース取材を開始。2011年度以降は年間全SG・GⅠのフルタイム取材および、浜松オートの中継放送にて解説予想を担当。予想のポリシーは『取材データに根ざした強気な穴狙い』。

★BOYシマ(島田正友)

川口オートレース場付近で生まれ育ち、幼少時からのオートファン。ミュージシャン・タレント業を経て、2009年にTOMと知り合い、的中BOYS結成。その後記者修行を開始し、現在は川口開催を中心にロッカー取材と予想を展開。予想のポリシーは『的中率と回収率、どちらも大事』。

ライターブログ | BLOG

3/17~21プレミアムカップ

的中BOYSのFUNABASHI ON TIME

2016/03/23 update

特別G1プレミアムカップ優勝戦レポート

 
CIMG3950_R

 

特別G1共同通信社杯プレミアムカップ最終日!

5R発売中にポツリと雨が落ち、少しヒヤッとさせるも無事に良走路で迎えた優勝戦!

船橋オートレース場、最後の戦いが始まります。一体誰が勝利を手にするのでしょうか!?

魂の走りで場内を沸かせます!

【12R 優勝戦】発走予定16:30
オープン戦戦 4100M(8周)
※名前後数字は試走タイム

①青山周平 28
②木村武之 29
③永井大介 27
④中村雅人 27
⑤鈴木圭一郎25
⑥西原智昭 30
⑦東小野正道34
⑧荒尾 聡 27

青山周平に続いてスタート出ていった永井大介が3周回1コーナーで青山をかわして先頭へ立ち、そのまま危なげなく最後まで走りきって見事優勝!青山周平が2着。スタートで後手を踏むも追い上げてきた中村雅人が3着となりました。

 

CIMG3956_R

★優勝:永井大介選手
「まだまだ走りたい。みんなと離れたくないです。こんな大勢の人の前で優勝出来て本当に僕は幸せ者です。

今日切らないでいつ切るって感じでスタートも良かった。昨日からエンジンはキャブを調整して少し重かったけれど、あとは気持ちでいきました。

船橋のファンは落車しても激励の言葉をくれたり、廃止が決まってしまっても温かい言葉を掛けてくれたり本当に温かいですね。これからそれぞれ離れてしまうけれど気持ちは一緒です。

選手生活19年間、船橋に育てられていなかったら、今の僕はいません。これからも命を懸けて一生懸命ファンの皆様の為に走るのでよろしくお願い致します」

★準優勝:青山周平選手
「エンジンは自分のほうが良さそうだったけれど実力不足。仕方ないですね。中村さんが後ろから来ると思っていたので、躊躇しながら走っていたのもダメだった」

★3着:中村雅人選手
「山の高いタイヤでいったらやっぱり跳ねてしまった。敗因は上手くタイヤを探せなかったし、スタートが最悪でした…。大事な時に切れないのはダメですね」

 

CIMG3952_R

 

CIMG3953_R

レースを終えて戻ってくると選手全員が拍手で永井選手を迎えます。

本当にアツく最高のレースとなりましたね。

「皮肉にも今日が最高の思い出となりそうです」とも話していた永井大介選手。

 

CIMG3966_R

 

CIMG3964_R

 

CIMG3963_R

最後は選手達が走路を歩き、ファンの皆様に感謝の気持ちを伝えていきました。

そして65年の歴史に幕をとじる事となりました。

これから選手達は各場に散り散りとなってしまいますが、船橋魂は永遠に不滅です!

選手、ファンの皆様一丸となってオートレース全体を盛り上げていきましょう!

 

CIMG3965_R

 

CIMG3962_R

CIMG3959_R

 

CIMG3968_R

 

CIMG3969_R

 

CIMG3967_R

この船橋オートレース場ホームページを見て下さったファンの皆様本当にどうもありがとうございました!

【的中ボーイズ】